【UNIX系OS】PC-BSD10.0でスカイプ、インターネット、動画再生、文書作成をしてみた。WindowsXP代替OSとしていいかも。 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年2月28日金曜日

【UNIX系OS】PC-BSD10.0でスカイプ、インターネット、動画再生、文書作成をしてみた。WindowsXP代替OSとしていいかも。

PC-BSD 10.0でできること その1。
FreeBSDの派生BSD、PC-BSD 10.0をインストールしてみました。(…て、ベータ版合わせて、これまで3,4回目ぐらいインストールしていますが)
PC-BSDは、一般ユーザーには扱いにくいFreeBSDというOSをベースに、デスクトップ向けにカスタマイズしたもの。


Windows XPとまったく同じということでもないけれど、インターネットやメールをしたり、文書作成、写真や動画を鑑賞するぐらいなら比較的に簡単にできます。


サポートが切れたあとのWindows XPに代わるOSとして、PC-BSD 10.0の導入を検討してみてはどうでしょう♪



PC-BSD 10.0はこんなことができます☆

  • スカイプ
  • インターネット
  • メール
  • 動画の再生
  • 文書作成


■スカイプがしたい。
残念ながら、わたしのパソコン環境ではスカイプは微妙。チャットはできますが、通話はできませんでした。
また、日本語でチャットするときもデフォルト状態では日本語入力ができなくて設定が必要でした。



■とにかくインターネットがしたい。
画像はブラウザ Chromiumでインターネットしているところです。その他のブラウザ、たとえばFirefoxでインターネットすることもできます。



■メールを送りたい。
メールの送受信できます。いろいろなメールソフトはありますが、わたしはThunderbirdを利用しています。
クロスプラットフォームのThunderbirdなら、OSが変わっても基本的な操作方法は同じなのでLinux、Windows、BSDと環境が変わってもあれこれと操作に迷うことは少ないです。



■動画を再生したい。
動画再生ソフトのVLCメディアプレイヤーで、PC-BSD 10.0にはいっていたデモ動画を再生してみました。



■文書作成がしたい。
オフィスソフト LibreOfficeのWriterを使って文書作成できます。ちなみに、画像にある文章は、わたしが趣味で書いたボーイズラブ小説(笑)




<関連記事>
・PC-BSD 10.0でできること その1
PC-BSD 10.0でできること その2
PC-BSD 10.0でできること その3