PC-BSD10.0で日本語キーボードを使いたい。KDEを日本語化する設定とは。 | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年2月13日木曜日

PC-BSD10.0で日本語キーボードを使いたい。KDEを日本語化する設定とは。

FreeBSDの派生BSD PC-BSD 10.0 Jouleをインストールしたブログ主。インストール直後は日本語キーボードの配列になっていなくて、そのせいでキーの割り当てに違い(とくに記号)があり使い勝手が悪かったので、キーボードの設定 をおこないました。


…というものの、どのように設定したのか覚えておらず。

本来、KDEでキーボードの配列を変更するには「Kickoffメニュー」-「設定」-「KDEシステム設定」-「入力デバイス」「キーボードの設定」-「レイアウト」タブから変更できるはずですが、なぜかPC-BSD 10.0では反映されませんでした。
いろいろいじってなんとか日本語キーボードの配列に変更することはできましたが、設定を変更したり戻したりと試行錯誤していたせいで、その時どのように設定 した のか 覚えていません。

うろ覚えですが、「KDEシステム設定」じゃなくて「PC-BSDコントロールパネル」から設定できたような?
ひょっとしたら、キーボードレイアウトに関してはKDE側の設定とPC-BSD側の設定が独立しているのかもしれません。


■PC-BSD 10.0 KDEのキーボード設定画面。
「Kickoffメニュー」-「設定」-「KDEシステム設定」-「入力デバイス」-「キーボードの設定」- 「レイアウト」タブでキーボードの設定ができます。





PC-BSD 10.0 KDEではインストール直後からデスクトップのメニューは日本語で表示されていましたが、もし英語表記になっていたら [Kickoff Menu]-[Applications]-[System Settings]-[KDE System Settings]-[Country/Region & Language]の設定画面で「Japan」を選択すると、KDEのデスクトップメニューが日本語化されるはずです。


■PC-BSD 10.0のデスクトップが英語になっていた!
その場合は「国と言語」項目から日本語化できます。KDEの場合、Kickoffメニューにある検索ボックスに「language」と検索すると言語設定の項目が表示されます。