簡単にLibreOffice 5を日本語化。Linux Kubuntu 16.04でやってみた | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年5月6日金曜日

簡単にLibreOffice 5を日本語化。Linux Kubuntu 16.04でやってみた


Linux Kubuntu 16.04でLibreOffice 5を日本語化、日本語入力をしてみました。

Kubuntu 16.04に入っていたオフィススイートのLibreOffice 5が英語版だったため、日本語化してみました。
Muonパッケージマネージャーを起動し、「libreoffice-l10n-ja」を検索。
検索結果で表示された[libreoffice-l10n-ja]を選択。
Muonパッケージマネージャーを起動し、LibreOffice-l10n-jaを検索。LibreOfficeを日本語化する方法
[Installation]-[Apply Changes]をクリックすると、LibreOffice 5の日本語パッケージがインストールされます。

日本語パッケージのインストール後にLibreOffice 5を起動すると、メニュー類が日本語化されています。

日本語化されたLibreOffice 5で、日本語を入力してみました。
LibreOffice 5で日本語入力してみた。LibreOfficeを日本語化する方法


LinuxディストリビューションのKubuntu 16.04を英語版でインストールすると、標準ではいっているオフィススイートのLibreOffice 5が英語版になってしまいます。
別途、日本語パッケージのインストールが必要なので、上記の方法を試してみてください。

確認していませんが、他のLinuxディストリビューションも、パッケージマネージャーから「lbreoffice-l10n-ja」を検索してインストール➖という手順で導入できると思います。


もし、言語パッケージをインストールしても日本語化されなかったら、以下の手順をおこなってみてください。

LibreOffice 5を起動。

LibreOffice 5のメニューから[Tools]-[Options]-[Language settings]-[Languages]をクリック。

Languages画面にある[User interface(U):](画像では、「ユーザーインターフェイス(U):」がある場所)をクリックして、「日本語」に設定。
LibreOffice 5を日本語メニューにする設定。Linux Kubuntu 16.04環境。

LibreOffice 5を再起動してください。