【Ubuntu系Linux】Kubuntuの最新バージョン14.10のライブDVDをK3bで作成。起動からシャットダウンまでの手順を書いてみたけど文章下手でわかりずらいな。 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年10月27日月曜日

【Ubuntu系Linux】Kubuntuの最新バージョン14.10のライブDVDをK3bで作成。起動からシャットダウンまでの手順を書いてみたけど文章下手でわかりずらいな。

Linuxディストリビューションのひとつ Kubuntu 14.04を使っているブログ主です。
先日、新しくKubuntu 14.10がリリースされたので、早速ダウンロードしてみました。


KubuntuはUbuntuをベースにしたLinuxで、デスクトップ環境にKDEを採用しています。
新しくリリースされたKubuntu 14.10にはKDE Plasma 4を採用した「Kubuntu 14.10 Plasma 4 」と KDE Plasma 5を採用した「Kubuntu 14.10 Plasma 5」がありますが、今回わたしは「Kubuntu 14.10 Plasma 5」のほうをダウンロードしました。

まず、ダウンロードしたISOイメージをDVDに焼きます。
ライディングソフトは「K3b」を使用しました。


ライブDVDを作成するときは[ツール]-[Burn Image]を選択します。


書き込みファイルを指定する画面が表示されます。
ダウンロードしたISOファイル「kubuntu-plasma5-14.10-desktop-amd64.iso」を選択します。


書き込み中。ライブDVDを作成しているところです。



書き込みが完了したら、書き込んだDVDをDVDドライブにいれたままパソコンをシャットダウンします。

再度、パソコンを起動。
すぐに「F12」キーを押します。


表示された起動メニューのなかからDVDドライブを選択。


DVDの読み込みが始まります。


しばらくするとKubuntu 14.10 Plasma 5のログイン画面が表示されます。
パスワードを空白にしたままログイン。


Kubuntu 14.10 Plasma 5が起動します。
下の画像はKubuntu 14.10 Plasma 5のデスクトップですが、メニュー類は英語表記となっています。



デスクトップ左下にあるメニューを開き[Applications]-[Internet]-[Web Browser]の順にクリックするとFirefoxが起動します。



ネットワークの設定をすれば、Firefoxでインターネットができます。


メニューを開き[Applications]-[Office]-[Word Processor]の順にクリックするとLibreOffece Writerが起動します。



LibreOfficeを起動。残念ながらライブDVDでは、IBusの設定をおこなっても日本語入力できず。


Kubuntu 14.10 Plasma 5をシャットダウンするには、メニューから[Leave]-[Shut down]の順にクリックします。