LinuxでChromeアプリは使えるの? Netrunner 17 KDEで確認 | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年9月2日金曜日

LinuxでChromeアプリは使えるの? Netrunner 17 KDEで確認

WindowsからLinuxに乗り換えるときの参考にしてください。
Linux Netrunner 17 KDE環境でChromeアプリを使ってみました。

Linux Netrunner 17にChromeブラウザをインストールし、Chromeアプリを使用してみました。
今回使用したのは、「Scribe Text Editor」というテキストエディタと、「カレンダー時計」というカレンダーと時計を表示するアプリ。
Chromeウェブストアからダウンロード、インストールできます。


Chromeアプリのテキストエディタ、「Scribe Text Editor」を起動しました。
日本語入力できました。
WindowsからLinuxに乗り換えるときの参考にしてください。


Chromeアプリ「カレンダー時計」を起動しました。
こちらのアプリも、問題なく起動しました。
WindowsからLinuxに乗り換えるとき参考にしてください。


追加したChromeアプリの削除方法です。

Chromeブラウザのアドレスバーに「chrome://apps/」と入力します。
削除したいアプリにマウスポインタを当てて右クリックすると、コンテキストメニューが表示されるので、メニューの中にある[Chromeから削除]を左クリックします。
LinuxにインストールしたChromeアプリを削除


今回はNetrunner 17 KDE Plasma 5.5環境で使いましたが、上記のアプリはChromeがインストールされたLinuxディストリビューションなら使用できると思います。
Chromeアプリのテキストエディタ「Scribe Text Editor」については、Kubuntu 16.04で使用できることは確認済みです。


WindowsでChromeアプリを使用しているユーザーのかた、Linuxに乗り換えるときの参考にしてみてください。