NEC LaVie Hybrid ZERO内蔵のBluetoothを、Linux Kubuntu 16.04で使ってみた | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年6月12日日曜日

NEC LaVie Hybrid ZERO内蔵のBluetoothを、Linux Kubuntu 16.04で使ってみた


軽量ノートパソコン NEC LaVie Hybrid ZERO HZ550AABにLinuxをインストールして使用中

NECのノートパソコン LaVie Hybrid ZEROに、LinuxディストリビューションのKubuntu 16.04をインストールして使用しています。
そのNECのノートパソコンに内蔵されているBluetoothを使って、Bluetoothマウスをペアリングしてみました。

ペアリングをおこなったBluetoothマウスは「エレコム Bluetooth レーザーマウス(M-BT4BLWH)」です。
製品の特徴は、読み取り方式がレーザー方式、解像度は1600dpi、5ボタン搭載、といったマウス。
写真は購入した当時のものですが、6年間ほど使用している古いレーザーマウスです。
Linux Kubuntu 16.04、NEC LaVie Hybrid ZEROでエレコム Bluetoothレーザーマウスのペアリングを行いました


エレコム Bluetooth レーザーマウス(M-BT4BLWH)を使用してところです。
通常の右ボタン、左ボタンに加え、親指付近にあるボタンで「進む」「戻る」の操作、ホイールボタンでブラウザをスクロールさせることができます。
Linux Kubuntu 16.04,NEC LaVie Hybrid ZEROでBluetoothマウスを使用。Linux 女ユーザーのブログ



***
Bluetoothの設定をおこなうには、Kickoffメニューから[設定]-[KDE システム設定]-[Bluetooth]をクリックします。
KDEシステム設定は、Windowsのコントロールパネルに相当する画面です

クリックすると、Bluetooth設定画面が表示されます。
表示されたBluetooth設定画面からウィザードに従って設定をおこなうと、Bluetoothマウスをペアリングさせることができます。



エレコムのBluetoothレーザーマウス(M-BT4BLWH)のペアリングが成功しました。
NECのノートパソコン LaVie Hybrid ZEROでBluetoothレーザーマウスをペアリング。


Bluetoothデバイスの確認。エレコムのBluetoothマウスが登録されています。
エレコムのBluetoothレーザーマウス(M-BT4BLWH)をペアリング.PC環境はLinux Kubuntu 16.04,NEC LaVie Hybrid ZERO

一度登録されると、次回から自動で接続され使用できます。

***
記事では、Kubuntu 16.04を使ってBluetoothデバイスの設定をおこないましたが、デスクトップ環境にKDE Plasma 5を使用しているLinuxディストリビューションなら、設定手順は同じです。
これからNetrunnerやFedora KDEなどを使おうとしている人は、参考にしてみてください。