Linux Kubuntu 16.04を日本語化。インストール時の注意点 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年6月30日木曜日

Linux Kubuntu 16.04を日本語化。インストール時の注意点


インストール時の言語を「日本語」に設定するとKubuntu 16.04が起動しなくなるというバグがありました。
以前は、インストール時の言語を「日本語」に設定するとOSが起動しなくなるというバグがありました。

Kubuntu 16.04をインストールするとき、言語を「日本語」でインストールするとOSが起動しなくなるという致命的なバグがありましたが、現在は修正されているようです。

以前、このブログで「Kubuntu 16.04を日本語化する場合は、英語環境でインストールしたあとに「地域」を「日本」にしてからアップデートします」と書きましたが、現在はOSインストール中に日本語パッケージを導入することが可能になったようです。

下記のリンク先の記事によると、日本語化されたKubuntu 16.04をインストールする場合、「インストール中に表示される「準備」画面で、「Kubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」にチェックを入れる」とのこと。

詳細は、リンク先のブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/ikunya/e/1c1d23fbb02020ff8d00eb3c5a426605



インターネットに接続されていないなど、「Kubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」にチェックが入れられない場合は、英語環境でインストールしてください。
アップデートができない状態で日本語環境でインストールすると、OSが起動しなくなります。



***
その他のKubuntu 16.04のインストール関連記事はこちらにあります。