IBus-Anthyが動作しないPC-BSD10.0で日本語入力の設定をしてみた。Mozcのインストール方法。 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年3月4日火曜日

IBus-Anthyが動作しないPC-BSD10.0で日本語入力の設定をしてみた。Mozcのインストール方法。

インストール直後のPC-BSD 10.0は日本語入力ができません。
標準ではIBus-Anthyがインストールされていますが、PC-BSD 10.0のバグによって動作しません。
そんなPC-BSD 10.0で日本語を入力するには以下のように設定します。



Kickoffメニューから[アプリケーション]-[システム]-[ターミナル(Konsole)]をクリック。
起動したターミナルに、下記のpkgコマンドを入力してIBus-Mozcをインストール。

% sudo pkg install ja-ibus-mozc

Kickoffメニューから[アプリケーション]-[設定]-[IBusの設定]をクリック。


[IBusの設定]画面が開きます。
IBusの設定画面から[インプットメソッド]タブ-[インプットメソッドの選択]-[Japanese]-[Mozc]をクリック。

[Japanese - Mozc]を選択し、[上へ]をクリック。
[閉じる]をクリックして画面を閉じる。



上記の設定をおこなったあと日本語入力ができない場合は、デスクトップのパネル内にある「あ」のアイコンを右クリックして[再起動]をクリックしてください。
それでもダメなら、念の為にパソコンを再起動してみてください。