NEC LaVie Hybrid ZeroにLinux。Kubuntu14.10でBluetoothマウスを使ってみた。 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2015年4月20日月曜日

NEC LaVie Hybrid ZeroにLinux。Kubuntu14.10でBluetoothマウスを使ってみた。

Linuxデ ィストリビューションのKubuntu 14.10をNECのノートパソコンにLaVie Hybrid Zeroにインストールして使っています。
そのLaVie Hybrid ZEROで、Bluetoothのキーボードとマウス、Nexus 7 2013をペアリングしてみました。

キーボードでの入力やマウスの5ボタンが利用でき、Nexus 7 2013に保存してあるファイルをBluetooth経由で送信できたりと、結果としてはきちんと機能しています。



パネルにあるBluetoothアイコンでBluetoothデバイスを確認。



Bluetoothの接続状況を確認。



Kubuntu 14.10でBluetoothの設定やデバイスのペアリングをするには、以下の手順でおこないます。

Kickoffメニューから[アプリケーション]-[設定]-[システム設定]をクリック。


表示された[KDEシステム設定]画面の[ネットワーク]項目にある[Bluetooth]をクリック。



画像のような画面が表示されます。
マウスやキーボードなどは[コネクト]ボタンを押してからBluetooth設定画面内にある[Add Device]をクリックすると、Kubuntu 14.10がBluetooth機器を認識しペアリングの設定をおこなえます。



今回接続したBluetooth機器
パソコン: NEC LaVie Hybrid Zero HZ550/A
タブレット: Google Nexus 7(2013)
キーボード: バッファロー BSKBB01
マウス: エレコム M-BT4BL WH

下の画像はエレコムのBluetoothマウス M-BT4BL WHを購入したときの写真です。
もう4年ぐらい使っている気がするけれど、まだ壊れていないです。ひょっとしてこれは「当たり」の製品かも。