PC-BSD10.0 KDEのメニューをWindows 98風に変更してみた。 | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年5月2日金曜日

PC-BSD10.0 KDEのメニューをWindows 98風に変更してみた。

KDEにはWindowsのスタートメニューに相当するメニューがデスクトップ左下にあります。

スクリーンショットのメニューアイコンのデザインはデフォルトから変更されていますが、位置的には矢印が指しているところ。
このメニューの表示をWindows 98風に表示することができます。





KickoffメニューをWindows 98風にする方法。
Kickoffメニューアイコンにポインタを当てて右クリック。

「従来のメニューに切り替え」をクリック。


すると、下のスクリーンショットにあるクラシカルなメニュー表示になります。


元に戻す方法は、
Kickoffメニューアイコンにポインタを当てて右クリック。

「アプリケーションランチャースタイルに切り替え」をクリック。
…とするとメニューがデフォルトの表示に戻ります。

下のスクリーンショットにあるのが、「アプリケーションランチャースタイル」という標準の表示スタイルです。
ブログ主の場合は、この「アプリケーションランチャースタイル」で使用しています。