【FreeBSD系OS】最新版PC-BSD10.0.1をインストール。iBus-Mozcで日本語入力が簡単に!! | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年5月24日土曜日

【FreeBSD系OS】最新版PC-BSD10.0.1をインストール。iBus-Mozcで日本語入力が簡単に!!

先日、HDD交換したついでに、これまで使っていたPC-BSD 10.0.0からPC-BSD 10.0.1にインストールしました。

前バージョンでは日本語入力ができないというバグがあって苦労しましたが今回のバージョンではそのあたりが修正されていて、インストール直後にインプットメソッドの設定でMozcを選択すると日本語の入力ができるようになりました。





PC-BSDサイトのアナウンスによると、標準デスクトップ環境のKDEのバージョンが上がったとのことですが、以前のPC-BSDに採用されていたKDEのバージョンはよく覚えておらず…。
うーん、4.11だったかな??

とりあえずKDEのバージョンを確認してみると、パージョン4.12.2となっていました。




あと気がついたところといえば、PC-BSDコントロールパネルに「ボリュームコントロール」という新しいメニューが追加されていました。
マウスポインタが指しているアイコンが「ボリュームコントロール」です。




下の画像は、新しく追加された「ボリュームコントロール」を表示したところ。
この画面で、ボリュームや音の設定が行えるもよう。




PC-BSD 10.0.0ではIBus-Anthyで日本語入力ができないというバグがありましたが、今回のバージョンではIBus-Mozcが採用されて簡単な設定で日本語入力がおこなえるようになりました。

前回のバージョンでは日本語入力ができなくてさんざん悩んだんですけどね〜。
修正されてよかったです。



PC-BSD 10.0がリリースされたばかりのころにインストールしたとき、完成度がイマイチだなぁと思っていたけれど、近頃は愛着が湧きつつ……(笑)