【FreeBSD系】PC-BSD 10.0をスマホやタブレットで遠隔操作したい!!…で、実際にやってみた。 | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年4月10日木曜日

【FreeBSD系】PC-BSD 10.0をスマホやタブレットで遠隔操作したい!!…で、実際にやってみた。

タブレットPCやスマホからパソコンを遠隔操作したい!!
そういう場合は、「リモートデスクトップ」という機能を使います。

実際にFreeBSD系OSのPC-BSD 10.0をリモートデスクトップにして、Nexus 7 2013から遠隔操作をしてみました。



まず、リモートデスクトップで操作するにはNexus 7とパソコンがLANで接続されている必要があります。
当たり前と思われるかたはいらっしゃるかもしれませんが、いちおう念のため(汗)



***
■Nexus 7 2013でPC-BSD 10.0を遠隔操作する方法。
最初にPC-BSD 10.0の設定をおこないます。

Kickoffメニューから[アプリケーション]-[インターネット]-[デスクトップ共有]をクリックしてKrfbを起動。




Krfbの[設定]-[デスクトップ共有を設定]をクリック。

[設定画面]のウインドウ内にある[セキュリティ]をクリック。

[接続を受け入れる前に確認する]のチェックをはずす。
[リモート接続にデスクトップの操作を許可する]にチェックする。
[招待していない接続のパスワード:]パスワードを入力する。

設定が終わったら、[適用]をクリック。


Kickoffメニューから[アプリケーション]-[システム]-[PC-BSDコントロールパネル]をクリック。

「PC-BSDコントロールパネル」画面内にある[ファイアーウォールマネージャー]-[例外規定]-[項目の追加]をクリック。

表示された「ポートの追加」画面内にある「ポート:」の記入欄に半角で「5900」と記入。
「ポリシー:」を「許可」にチェック、「方向:」を「着信」、「プロトコル:」を「TCP」、「インタフェース:」はネットワーク環境に合ったものを選択。


設定が完了したら[OK]をクリック。


パソコン側のNexus 7で操作するためのリモートデスクトップの設定が終わりました。


***
次はNexus 7側の設定です。

Playストアからアプリの「bVNC Free」をインストール。
bVNC Freeを起動。

PC-BSD 10.0に接続するための設定をおこなう。

接続名やパソコンのIP、ポート番号など入力する。

[Connect]ボタンをタップして、PC-BSD 10.0に接続。



PC-BSD 10.0のデスクトップがNexus 7 2013のディスプレイに表示されます。

下の画像は、PC-BSD 10.0のデスクトップがNexus 7 2013のディスプレイに表示されたところの画像です。


パソコン側の液晶ディスプレイの解像度が1920×1080に対しNexus 7 2013の液晶ディスプレイの解像度は1920×1200。よって解像度的にはPC-BSD 10.0のフルHD(1920×1080)のデスクトップを余裕で表示できます。

ただ、タブレット端末のNexus7の7インチのディスプレイでは文字が小さすぎて目が疲れます。文章を読むときはピンチアウトをして、画面を拡大して使うことになると思います。






リモートデスクトップで接続したNexus 7のスクリーンショットを撮ってみました。スクリーンショットでは、文字やアイコンの大きさは表現できないけれど。
これだけの文字情報が7インチの小さなディスプレイに表示されていることをご想像ください(笑)






Nexus 7 2013にBluetoothのキーボードとマウスを接続してリモートデスクトップを操作してみました。
画像はNexus 7からPC-BSDの標準テキストエディタ Kateを起動し、Nexus 7とペアリングしたBluetoothキーボードで文字をKateに入力をしているところです。




これで、リビングやお風呂場など、パソコンから離れた場所からでもNexus 7を使ってパソコンを遠隔操作できるようになりました。