LinuxでBluetoothは使えるの?Lavie Hybrid Zero、Netrunner 14環境でペアリング。 | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年3月16日水曜日

LinuxでBluetoothは使えるの?Lavie Hybrid Zero、Netrunner 14環境でペアリング。

Linux女子、bluetoothレーザーマウスを使う
上の画像は、今回Linuxでペアリングしたエレコム製Bluetoothレーザーマウス M-BT4BL WHを握っているところ。


パソコンはNECのノートパソコン Lavie Hybrid Zero、LinuxディストリビューションはNetrunner 14.2という環境で、BluetoothマウスとBluetoothキーボードをペアリングしてみました。
結果的には、マウス、キーボードともにペアリングでき、使用できました。ペアリング方法も簡単でした。
ノートパソコンに内蔵されているBluetoothアダプターが正常に動作しているようなので、確認していませんが、おそらくBluetoothヘッドホンやAndroidタブレットなどもペアリングできると思います。
LinuxでBluetoothデバイスが使えるかどうか心配されているかたはご参考ください。


Nereunner 14.2でBluetoothデバイスをペアリングしました。
画像では、エレコムのBluetooth レーザーマウスとバッファローのBluetoothキーボード(BSKBB01)がペアリングされているのが確認できます。


Netrunner 14でBluetoothデバイスを設定する方法は以下のとおりです。


Kickoffメニューから[設定]-[KDE システム設定]をクリック。 KDE システム設定画面が表示されます。
Linux Nereunner 14.2でBluetoothマウスをペアリングする方法

[KDEシステム設定]画面内にある[Bluetooth]をクリック。
Linux Nereunner 14.2でBluetoothマウスをペアリングする方法

表示されたBluetooth設定画面右下にある[Add Device]をクリックしたあとBluetoothデバイス側の[コネクト]ボタンを押します。すると Netrunner 14.2がBluetoothデバイスを認識し、ペアリングできる状態になります。
LinuxでBluetoothマウス、Bluetoothキーボードをペアリング


記事で使用したパソコン環境はこんな感じです。
パソコン: NEC LaVie Hybrid Zero HZ550/A
OS:Netrunner 14.2
Bluetoothデバイス
キーボード: バッファロー BSKBB01
マウス: エレコム M-BT4BL WH