Windows XPのネットブックをUSBメモリから起動[設定] | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年7月8日金曜日

Windows XPのネットブックをUSBメモリから起動[設定]


MSIから発売されていたネットブック 、Wind Netbook U123をUSB起動させる方法

ノートパソコンにPC-BSDやLinuxをインストールするとき、DVDドライブなどの光学ドライブが搭載されていなくて、USBメモリから起動しインストールしたいときがあると思います。
その設定方法です。



下記の手順は、昔、MSIから発売されていたネットブック 「Wind Netbook U123」をUSBメモリから起動させるためのBIOS設定の手順です。

「MSI Wind Netbook U123」は、Windows XP時代の古いネットブックで、わたしは実機を持っておらず確認できません。もし、設定方法などが間違っていたらごめんなさい。

ですが、わたしが使っているNEC Lavie Hybrid Zeroでも、おおよそ同じ手順でUSBメモリから起動できます。ご参考までに。


***
■MSI Wind Netbook U123をUSB起動させる方法

まず、BIOS画面を表示します。
パソコンの電源を投入したあと、すぐに[DEL]キーを押してください。
BIOSセットアップ画面が表示されます。

BIOSの操作方法です。
BIOSメニューの選択はキーボードの矢印キーで、決定は[Enter]キーを押すのが基本です。


[Advanced]メニューに移動します。
[Legacy USB Support]の設定を[Enabled]にします


[Boot]メニューへ移動します。
USBメモリのメーカー名や形名が表示されている[Boot Option]の順番を[Boot Option #1]へ移動させます。
ネットブック MSI Wind Netbook U123をUSBメモリから起動させるには、BIOSの設定が必要です
画像: MSI 取扱説明書.pdf


[Save & Exit]メニューへ移動します。
[Save & Exit Changes]を選択し、Enterキーを押します。


これで、USBメモリから起動できるようになりました。
起動用のUSBメモリをWind Netbook U123に挿してから、電源を入れてください。


以上、"MSI Wind Netbook U123"をUSBメモリから起動させる方法でした。