【FreeBSD系OS】PC-BSDのロゴにはLinuxを根絶やしにするという意思が込められている? | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2014年7月16日水曜日

【FreeBSD系OS】PC-BSDのロゴにはLinuxを根絶やしにするという意思が込められている?


FreeBSDをベースに初心者でも扱いやすいようにカスタマイズしたPC-BSD。
左にある画像は、そんなPC-BSDのロゴマークです。

燃えさかる炎の中に球体の物体…。
これはいったいなんでしょう?
PC-BSDのロゴマークの意味についていろんな意見をまとめてみました。




- これは彗星。

- 火の玉。

- 燃えさかるマウスのボール。

- ペンギンの卵を調理しているのでは。

ペンギンとはLinuxを指しています。
これはLinuxを根絶やしにするという意味なのか、それともLinuxをうまく調理して取り込もうとする意思を表しているのか…。

結局、正確なロゴの意味はわかりませんでした。