PC-BSD9.1をインストール。デスクトップ環境はKDEに。【スクリーンショットあり】 | KDEを楽しむブログ〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2013年12月29日日曜日

PC-BSD9.1をインストール。デスクトップ環境はKDEに。【スクリーンショットあり】


PC-BSD 9.1 KDEのインストールと必要なアプリの追加。パッケージ管理ツールのAppCafeを使えば、簡単にアプリケーションのインストールができます。



【PC-BSD 9.1をインストールしてみました】
根っからKDE好きで、これまで標準のデスクトップ環境にGNOMEが採用されているUbuntuにわざわざKDEというデスクトップ環境をインストールし、Kubuntu化して使っていました。





そのKDEが、『PC-BSD』というFreeBSD系OSにも採用されているということを知って、試しにPC-BSD 9.1をインストールしてみました。
実際試してみたところ、PC-CSD自体のインストールは簡単で、ウィザード形式で項目を選択していけばスムーズにインストールされます。



■下のスクリーンショットはPC-BSD 9.1のデスクトップ。
KDE 4.9のPlasma Desktopと呼ばれるデスクトップで、普段使っているUbuntuのKDEと同じバージョンのもの。OSは違いますがデスクトップの見た目は同じで、違うOSということはあまり感じさせません。↓

東京のOLがPC-BSD 9.1というUnixをインストールしてみた。画像はPC-BSD 9.1のデスクトップです。



■PC-BSD 9.1にFirefoxをインストールし、起動してみました。
PC-BSDにはソフトウェアの管理、インストール、アンインストールためのパッケージ管理ソフト『AppCafe』がデフォルトで入っていて、そのAppCafeを利用すればFirefoxのインストールは簡単にできます。↓

PC-BSD 9.7でインターネットをしてみました。利用したブラウザは、AppCafeでインストールしたファイアーフォックス。



■『AppCafe』では、インストールしたソフトウェアの履歴が一覧で表示されます。
画像では、Google Chromeの派生ブラウザ、Chromium、ブラウザのFirefox、画像編集ソフトのGimp、メールソフトのThunderbird、動画再生ソフトのVLCがインストールされていることがわかります。
『AppCafe』はUbuntuの『Ubuntu ソフトウェアセンター』に相当するもの。ちなみに、今回PC-BSDでChromiumが使えることを知りました。↓

Ubuntuの『Ubuntu ソフトウェアセンター』に相当するPC-BSDの『AppCafe』そのソフトを使ってインストールします。



■標準で日本語化になっています。
PC-BSD 9.1のインストール時に地域や言語を『Japanese』に選択すると、KDE 4.9のデフォルト アプリケーションランチャーのKickoff、ファイルマネージャーのドルフィンなどのメニューが日本語表記に、カレンダーは日本仕様になります。↓

PC-BSD 9.1のインストール時に地域や言語を『Japanese』を選択すると、メニューなどが日本語化されます。



■比較のため、UbuntuにインストールしたKDEのデスクトップのスクリーンショットを掲載しておきます。PC-BSDとUbuntuのKDE。OSは違っても、デスクトップの見た目は同じ。↓
PC-BSD 9.1とKubuntu 12.04の比較。OSは違えど、どちらもKDEなので見た目は同じ。




PC-BSD 9.1のISOイメージファイルの容量は3.4GBで、わたしのネットワーク環境では、ダウンロードは10分弱で終わりました。
興味あるかたはインストールしてみてはどうでしょう。
にほんブログ村 IT技術ブログ FreeBSDへ
にほんブログ村